髪の毛が傷むわけ

誰もが抱える髪の毛の傷みについて知ろう!

髪の毛が傷んだ状態とは

簡単に言うと、髪の毛が傷むことイコール髪の毛が傷ついているという状態になっております。

そのとき髪の毛の内部では何が起こっているかと言いますと、髪の毛の一番外側にあるキューティークルがめくれたりはがれたりとボロボロになっています。
そうなると髪内部の水分が蒸発して、たんぱく質が流れ出しほとんど髪内部からなくなってますますスカスカになってしまいます。

そのとき髪の毛の様子はどうなっているのかというと、悲惨な状態になっています。
例を挙げると、パサパサしていたり、髪全体にきしみが出てしまっていたり、ごわごわしていたり、髪の毛を燃やしたようにチリチリになったりしています。
これがいわゆる髪の毛が傷んだ状態になります。

何が良くないのか

ではここで、どんなことが原因で髪の毛が傷むと考えられているのかをお話します。

まずは、お風呂でシャンプーで髪を洗うときやお風呂上りにタオルで髪の毛を拭くときに力任せにゴシゴシとする行為です。
シャンプー直後などの髪の毛が濡れている状態で髪の毛に強い刺激を与えると、おのずと傷がついてしまいます。

お風呂上りのドライヤーが長いとまた髪の毛が傷ついてしまいます。
かといって自然乾燥も髪にとっては良くない行動です。
ミディアムなら5分、ロングヘアーで10分ほどがベストでしょう。

それ以外だと、カラーリングやパーマで髪の毛を加工する、コテやヘアアイロンで髪の毛を整える、紫外線を頻繁に浴びるというのも髪の毛を傷める原因になります。